根絶する為の南京虫駆除|強烈な痒みから解放される方法

女性

一度の依頼で根絶できる

作業員

繁殖力が強く、あらゆる場所に潜り込めるゴキブリは住み着かれると厄介な害虫です。ゴキブリ駆除を行なう会社に依頼することで、速やかに家や店の中のゴキブリを退治することができるでしょう。駆除剤の噴霧や罠の設置により、ゴキブリの根絶を行なってくれます。

View Detail

巣ごと退治してくれる

住宅

家の中の壁や、床下などに見覚えのない土が付着していた場合、シロアリが潜んでいる証拠となります。速やかにシロアリ駆除を行なう会社に依頼して、家への被害を防ぎましょう。殺虫剤の使用のほか、周囲にベイト剤を埋め込むことで、巣ごとシロアリの根絶を行なえます。

View Detail

命を脅かす危険な虫

男性作業員

街中で人の命を奪いかねない要因として、意外にもハチが挙げられます。たくさんの毒針で刺されることでの中毒症状や、アナフィラキシーショックによる急性の症状で命を脅かされる場合があるのです。毒性のキイロスズメバチの巣を発見した場合、専門の駆除会社に巣の撤去を依頼しましょう。

View Detail

増加する虫刺されの問題

女性

オリンピックなどの影響もあり、年々外国人観光客が増えつつある国内では、それにともない増加する害虫による被害に悩まされています。外国人を宿泊させた旅館やホテルなどに、南京虫による被害が現れるようになっているのです。南京虫はカメムシの仲間ですが、ダニやノミと同じく人の血を吸う害虫です。ダニとの最大の違いは、深刻な痒みによる被害です。蚊やノミに刺された経験のある人ならば、たかが痒みが出るだけだと考えるでしょう。しかし、南京虫に刺されると蚊やノミとは比較にならないほどの痒みがもたらされます。成虫は肉眼でもはっきりわかるほど大きいので、血を吸う量やアレルギーによる症状が蚊やノミよりも大きなものとなります。刺された後は大きな腫れが発生し、睡眠障害やリンパ腺の腫れによる発熱症状がもたらされるので、たかが痒みだと軽く見るのは問題となります。ダニやノミは、部屋中の虫を殺虫できる燻煙殺虫剤の使用で駆除することができますが、南京虫は身の危険を感じると部屋の壁や家具の隙間へと逃げます。燻煙が届きにくい場所に素早く移動されるので、個人では根絶させるのが難しい害虫なのです。南京虫駆除を行なう会社に依頼することで、この平和を乱す害悪を根絶してもらうことができるでしょう。

強烈な痒みから解放される方法をご紹介します。南京虫駆除を行なう会社では、高圧スチーム機器によって南京虫の駆除を行ないます。南京虫は熱に弱い性質があるので、高温の蒸気に晒された場合、死滅してしまうのです。この高圧スチーム機器は多くの利点があります。殺虫剤の残留によって健康被害がもたらされることを防げるほか、スチームの熱で産み付けられた南京虫の卵も残らず殺虫できるのです。南京虫が厄介である理由として、大量に卵を産むことでの繁殖力にあります。どれだけ殺虫剤で駆除しても、卵が残り続ければ再び繁殖されてしまいます。南京虫駆除の会社は、南京虫が潜んでいそうな場所へ入念に高圧スチームを使用することで、卵ごと南京虫を残らず駆除してくれるのです。